Google+ で検索 input!output!: [ラングリッチ(Langrich)] 15回目;Pronounciation Lesson12 Google

4/06/2012

[ラングリッチ(Langrich)] 15回目;Pronounciation Lesson12

このエントリーをはてなブックマークに追加
<講師>
テファニー(Teffany)先生

<クラス>
Pronounciation Lesson12 「m」・「n」

<感想>
講師
約1年ほどパートタイムとして働いている先生。生徒のみなさんから日本語を教えてもらったようで、挨拶関連はカンペキ!また、日本の文化もよく知っている。日本語を勉強したいけど、自分の家のネット回線は費用も高くネットを使って日本語を勉強できないのが悲しいとのこと。そんな互いの話をしながら、初めての早朝レッスン終了。
発音の指摘は、都度教えてくれる。また、どのような発音になっているかをtextで教えてくれ違いを理解しやすかった。単に、レッスンを進めていくのではなく所々に会話を広げる機会をくれるので、発音しながら会話も学べる良い進め方だった。

発音
n;上の歯の裏に舌を当てる。且つ、口は閉じない。
m;口を閉じる。「ェンゥ−」という感じ。

「ire」の発音が、「イアーー」と伸びていて違うと指摘があった。「イア(ッ)」とショートに発音する。
例) fire/desire/admire

「mary」;「メアリー」と抑揚をつけて発音
「marry」;「マァリ」と、抑揚なしにストレートに発音

<知らなかった単語>
stubborn