Google+ で検索 input!output!: [Blog] 2011年の振り返り Google

1/07/2012

[Blog] 2011年の振り返り

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年、明けましておめでとうございます!
年末年始は時間をつくることができ少し休暇をとりましたが、ネット環境のない状況で2011年を振り返ることが遅くなりました。

いちよう昨年に目標を立てた内容がここにあるので、それをベースにまずは振り返りたいと思います!

[家族] 嫁と昨年以上に、今まで以上に素敵な関係になる。⇒努力なくして、相手を理解することができないし、互いに尊敬をもつことはできない。一番理解者であるので、"どのようにすれば、嫁が喜んでくれるのか"を常に想い続ける

→これに関しては嫁に確認が必要だが、達成率は50%ほどかと。
仕事や学業に追われ時間をつくることができなかったことが反省。
罪滅ぼしという形になってしまったが年末にかけて旅行をすることができ、二人で色々と話すことが出来てよかった。


[仕事]チームが働きやすい環境を創り、成果を出せるサポートに尽力する。
⇒今年は、"マネジメントする力"を身につける。会社として、現在、変革期であり、その中、その変革を遂行する一メンバーに就かせていただいているので成長のチャンスとして臨む。
※2012年は、マネジメントから「リーダー(シップ)」を身に付ける年にしたい。創造と変革の志士だ!


→目標達成後、チームから離れ立ち上げを携わる形になったため明確にできたとは言えない。
但し、これによってわからない将来に向けて決断する難しさや責任の重さを経験ができた。もちろんメンバーにも迷惑をかけることが多くあってしまったが、人との関わり方や突破力を大切さを実感した。また、途中からチームとなったが、目標を立てたとおりにうまくできなかったことを痛感した。自分自身に弱さを知り、それにより改善すべき部分をつかむことができたので当時のメンバーには本当に感謝の気持ちがいっぱい。


[教養]Globis経営大学院を通じて、「リーダーシップ(≒創造と変革の志士)」を身に付ける。
入試試験を受験する準備をしているが、目標に立てることで必ず合格し、且つ、通学の投資

に対して元を取るべく勉学に励み、実務に活かす。

→これは、全くダメ。。。
業務に追われ、予習復習が蔑ろになってしまっていた。入学する前から業務量は理解していたものの、改善が全くできていなかった。表面的に改善のみ終わらないようにすることが今年の課題。また、自分自身の意思の弱さに反省。やるからには、徹底的にやることを釣らき通すことをしていきたい。


[財産]年間〇〇○万円貯蓄する(毎月〇〇万円)。
※ここはちょっと開示しづらいのですみません。。。いわゆる、嫁に対しての意思表示です!笑

→これは、OK!嫁のおかげでもある。貯蓄から次のステータスに今年は向かっていきます。


[健康]一年を通して、大きな病気や怪我をしない。
⇒食を意識して"暴飲暴食"しない。
特に、
・21時以降、間食(特に、炭水化物)しない。
・1800kcal/日以内におさえる


→年の前半はよかったものの、後半からkcalを計算する手間が面倒になってきてしまったやめてしまった。ただ、最初に意識したことが今でも食事する際には気を使うようになったの一定の効果はあり。間食についても嫁との約束も今回したので、今後も問題なそうです!


[趣味] Jogging 目標:ハーフマラソンを完走する。
サボりがちであったJoggingですが、まずは時間やペースにこだわらず、毎週かかさず服を着替えて外にでる。


→意識はあったもの身体がそれに反する状態でした。走るものの常に足の痛みが付きまとい、なかなかうまくいきませんでした。そのため年末に根本的に解決するためにカイロプラクティックに通院を始めました。先生のアドバイスのもと、徐々に良くなってきたため2012年の早い段階には達成したい。


■やること
・自己発信
Blogやtwitterなど、発信続ける。内容は問わない。とりあえず、発信する。
"情報は発信し続ける人に集まる"
※2011年中または2012年には、「本名」を開示するかも検討する


→2010年と比較すると、自己発信はできました。
セミナーに参加することや、本を執筆する機会にも恵まれ達成できたと思います。
ただ、本名について今年も検討中です。




<最後に>
目標を立てたものの半数以上が納得できるレベルまでいっていない。
目標設定することは誰にでもできることであるので、それをしっかりと行動に落としこむことができていなかったことと、それを軌道修正する時間をつくっていなかったことが大きな反省です。
2012年はその反省を活かす形で目標設定し、やりきりたいと思います。