Google+ で検索 input!output!: [ラングリッチ(Langrich)] 40回目;初めての「Voice of America」のクラス Google

5/07/2012

[ラングリッチ(Langrich)] 40回目;初めての「Voice of America」のクラス

このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは、英語がもっともっと上手になりたいtwelve12です!

photo credit: Werner Kunz via photo pin cc

さて、今日もラングリッチの復習を書きます。今日は、初めて「Voice of America」に取り組みました。

Voice of Amricaとは
アメリカ合衆国政府(USIA:合衆国情報庁。CIAではない。1998年の省庁統合により国務省に吸収された)が公式に運営する国営放送である。
ボイス・オブ・アメリカは、英語を母語としない人々に向け、平易な語彙と文法を用いた上で、通常の3分の2の速さでアナウンサーが語るスペシャル・イングリッシュという英語放送がある。これを含め、現在50前後の言語で放送されている。短波放送で受信可能であり、インターネットでは、ボイス・オブ・アメリカの公式サイトでのインターネットラジオをはじめ、ポッドキャストやYouTubeなどでビデオ放送などがいずれも無料でダウンロードすることができる。また、日本では有線放送でも放送されている。

参照;wikipedia
英語を母国語にしない人向け、わかりやすいように米国のニュースを届けてくれているサイトのようです。そのため、僕のように英語を学ぶ人間にとって、取り組みやすい内容になっている模様です。それをラングリッチは教材にしているということで、生きた英語とニュースを交えながら、さらに会話を学ぶという良いサイクルが出来る形になっているとわかります。

では、今回クラスで使った記事は、
<クラス>
Voice of America

Teaching Coffee Farmers About the Birds and the Bees | Agriculture | Learning English
VOA





<講師>
S先生

<感想>
講師

物腰が柔らかく、こちらの話をしっかりと聴きながら進めてくれる先生だと感じました。また、こちらのペースに合わせつつ、話す機会を与えてくれる感じでとてもやりやすかったです。褒めるタイプの先生です。発音の指摘もあり、且つ分からないワードの意味もすぐに教えるのではなく、推測するヒントを与えてくれるなど、独自のクラスの進め方があり、好印象でした。

内容

事前に記事を読み込めていなかったことは反省。Coffee豆を作るにあたってBeeの重要性を教育していく内容でした。(こちらは再度理解するために再読必須。)
ただ、時間的にすべてを終えるには足りないかも。2回に分ける気持ちで、深くやっていきたい。

発音
Avengers/farmers/Georgia/campus/research/agriculture/sustainably/flowers/commented/thought/birds/hectare/Migratory/tourism/certified


フレーズ
Thank you so much for coming into my class.
I hope you enjoyed the time with me.
Have a good morning.

<知らなかった単語>
farmers plant what we eat

certified means confirmed

sustainability means being able to maintain something
pollinate means to fertilize with the use of pollens

---
---

初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆さま。もし気に入って頂けましたらGoogle+もしくは、twitterのフォローをよろしくお願いします!