Google+ で検索 input!output!: [ラングリッチ(Langrich)] 12回目;Pronounciation Lesson9 Google

4/03/2012

[ラングリッチ(Langrich)] 12回目;Pronounciation Lesson9

このエントリーをはてなブックマークに追加
<講師>
キャンディス(Candice)先生

<クラス>
Pronounciation Lesson9 「f」・「v」

<感想>
講師
物腰が柔らかい先生だった。今までの先生と異なり、落ち着いた方で発音もクセがないように感じた。年齢もいつもの先生よりも上に感じた。基本的に、まず僕に発音をさせ、誤りがあれば修正してくれる形だった。自己紹介も最初の少しした程度で、テキストの内容に進んでいく流れだった。じっくりと、ゆっくりとクラスを受けたい人にはおすすめだと思う。

発音
「f」「v」は、さほど問題なかった。単語で発音がわからないものや、イントネーションが不明なものを修正した。
今回の発音以上にテキストにあった「singer」の発音に苦戦した。僕の発音は、「sing ger」と聴こえるようであった。正確な発音は、「sing-nger」である。「n」の発音が抜けて聴こえるようである。「シング-ンガー」というようなイメージで発音するとよいようなので、今回聴いた音を忘れないように練習して身につけたい。

<知らなかった単語>
frolick
federal
fierce
veto