Google+ で検索 input!output!: [Blog] 今日の情熱大陸「長谷部 誠」 Google

11/13/2011

[Blog] 今日の情熱大陸「長谷部 誠」

このエントリーをはてなブックマークに追加
今日の情熱大陸は、『長谷部 誠』。
だれ?と思う方は、、、、、正直いませんね。笑
現日本代表キャプテンですね。

どのような方であるかは、毎度毎度お馴染みのWikipedia参照でお願いします!

まずは、『長谷部誠』とは、

長谷部誠 - Wikipedia

今回も、情熱大陸を観て感じた些細なことを想いのまま書いていきたいと思います。

1.臆病だからこそ、納得するまでやる。
自分自身の性格を理解し、何をやるべきかを理解している。
そして、それを補完するために徹底的にやる。
たとえば、毎日日課で、3冊のノートをつける。
ひとつは、練習ノート。初めて体験した練習やその日の気づきをメモ。
ふたつは、監督ノート。自分自身が監督であったら、どのようにするのかの考えメモ。
みっつは、読書ノート。好きな読書で学びがあった言葉やフレーズをメモ。
単にメモしているということでなく、すべては自分自身の将来を意識した行動。
監督業に興味があり、将来のその立場になったとき、臆病である自分が困らないにように今から徹底にやる思いに至っている。


2.非凡は、日常から始まる。日常が、自分の"芯"が変わる。
上記と同様に、徹底的な自己管理を行う。
理由は、言葉の通り。


3.必要とされていることは何か。
先日のドイツでの試合で、キーパーが退場し交代枠もなかった中、自ら手を上げてキーパーをした際の監督の言葉。
「だれもやりたがらない。しかし、誠はチームのことを最優先に考え、自ら名乗りあげてくれた。チームのことを考えられる選手である。」
これは、現日本代表のキャプテンに選ばれる所以だと思う。


最後に、
"自分は自分らしく。"
長谷部を表している象徴的な言葉でしょうか。

何を言われようとも、信念をもってやり切ることができるのが、長谷部の強みだと感じました。


そして、自分に置き換えると、
・将来への思い
・それに対して徹底的な行動
をしっかりとやり切らないと何も成せない。

自分は自分らしく、徹底的にやる。
それだけ。やってろう。

---
※追記
長谷部 らしさを知るにはこの本がすべてを物語っています。
参考;情熱大陸