Google+ で検索 input!output!: 最先端のInternetやデザインを学びながら、英語も学べる逸脱アプリ『TED + SUBTITLE』 Google

2/25/2011

最先端のInternetやデザインを学びながら、英語も学べる逸脱アプリ『TED + SUBTITLE』

このエントリーをはてなブックマークに追加
「英語、英語、英語・・・」と、世間では英語の重要性が問わる声が大きくなっています。
もちろん英語ができることで、情報収集ができる範囲の広がりや海外の方との人脈ネットーワークが拡大することは間違いないです。

そして、特に私が従事するモバイル業界では、AndroidやituneのAppsStoreの世界的なプラットフォームが当たり前となり、ビジネスを広げるには「英語」は必須になりつつあります。
皆さんも、業界が異なるとはいえ、英語の学ぶ重要性を感じつつあるのではないでしょうか。

「英語を学ぶ」といえでも、大学受験のように必死にDUO3.0で勉強したりする時間を取ることや、リスニングを強化するためにアルク「ランニングマラソン」をひたらすらやるなどは、仕事とともに難しいのではないでしょうか。
※もちろん英語を極めていく過程では、集中的に単語を学ぶことやリスニングを強化することは、大事だと思います。

やはり「楽しみながら英語を学ぶ」ということが、「継続して学ぶ」はつながります

そこで、最近、オススメのiPhoneアプリをご紹介。

その名もTED + SUBTITLE』


皆さん、『TED』をご存知でしょうか。

TED(てど、英: Technology Entertainment Design)とは、アメリカのカリフォルニア州モントレーで年一回、講演会を主催しているグループのこと。

TEDが主催している講演会の名称をTED Conference(テド・カンファレンス)と言い、学術・エンターテイメント・デザインなど様々な分野の人物が講演を行なう。講演会は1984年に極々身内のサロン的集まりとして始まったが、2006年から講演会の内容をインターネット上で無料で動画配信するようになり、それを契機にその名が広く知られるようになった。
講演者には非常に著名な人物が多く、例えばジェームズ・ワトソン(DNAの二重螺旋構造の共同発見者、ノーベル賞受賞者)、ビル・クリントン(元アメリカ合衆国大統領、政治家)、ジミー・ウェールズ(オンライン百科事典Wikipediaの共同創設者)といった人物が講演を行なっている。

※wikipedia参照

つまり端的に言うと、「様々な分野で最先端で研究されている人々の講演」です。


日本人にとって、英語がハードルとなり、素晴らしいイベントにもかかわらず日の目をみることがあまりない『TED』。
Web上では、字幕付き(英語や日本語、それ以外も可能)で視聴できていました。時間がある際に、チェックしていたものの、やはり机に座ってみるという時間を作るのは難しいです。

今回、iPhoneアプリでダウンロードすることでアプリ内に動画を保持し、移動中に見ることができるという逸脱アプリとなってリリースされました。こんな感じ↓↓↓↓
字幕言語を選択可能
※注意※DL前に設定必要
講義テーマ選定可能

動画をダウンロードする形になるので、wifi回線でダウンロードすることをオススメします。
TED+SUB: TED Talks with Subtitles - semix2

英語を学びながら、最先端の情報も学ぶという一石二鳥!
ぜひぜひ活用してみてください!