Google+ で検索 input!output!: [Blog] ダーウィンの言葉 Google

8/15/2011

[Blog] ダーウィンの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加
最も強いものが生き残るのではなく、
最も賢いものが生き延びるのではない。
唯一生き残るのは、変化できるものである。

現状に満足することなく、環境の変化やまわりに変化に敏感になることは大切。
そこから「今、自分はどうなるべきか」を常に意識し、行動に移せる人間こそが、成長できる。

今、求められていることと自分の行動に整合性がないと、結果や評価にはつながらない。
相手の要望や期待を理解・解釈することを怠らないように日々努力していこう。


また、周りがみえないようになる4つの傾向がビジネスではあるので気をつける。
多忙による思考停止
 忙しすぎる状態は、目の前のタスク処理で満足してしまう。

同一環境による視点の固定化
 慣れにより、注意力が散漫、且つ、物の見方が固定化する。

高評価による現状肯定
 フィードバックをもらうことを怠っていると、課題や欠点を把握できなくなる

貢献実感による盲目化
 部分的な貢献に満足し、俯瞰して全体をみることができなくなる。
 また、責任範囲を狭める傾向になる。