Google+ で検索 input!output!: [Blog] 大人になってからの風邪は、相当キツイ。。。 Google

2/15/2011

[Blog] 大人になってからの風邪は、相当キツイ。。。

このエントリーをはてなブックマークに追加
皆さん、3連休はいかがお過ごしでしたでしょうか。東京では、雪が降るなど歴史的にもかなり寒い三日んでしたが、その他地域の方も同じだったんでしょか。
では、私はどのように過ごしていたかというと、、、、三連休に入る木曜日の夜から、がっつりと風邪をひいてしまい、"寝る、寝る、寝る"の風邪を治すために外に一歩もでずの三連休でした。

いやー、本当に辛い3日間でした。風邪って、こんなに辛かったっけと思うぐらい体の間接の節々が痛くなるし、熱は40℃近くでるしで寝るにも寝られないような状況でした。
いやいや、そんな症状であればインフルエンザでしょと思われる方もいるかと思います。私もその一人でした!ww
土曜日に救急で近くの病院で診察してもらいにいくと、症状はインフルエンザですが、インフルエンザではないと言われてしまう始末。救急で高い診察料を払っているし、意識朦朧としている中であったので、その際、インフルエンザですって言われたほうが気が楽であったことは言うまでもありません。。。。

3日間、どのようにしていたかをあまり覚えていないのが正直なところですが、、、、いや、正しく言うならばそれぐらい辛かったです!
そのため、二度と同じような風邪を引かないためにも、こんだけ大変だったんだぞと自分に言い聞かせるために備忘録を込めて、エントリーしたいと思います。

まずは、症状はこんな感じでした。
進行 : 急激
発熱 : 最高 39℃
鼻水 : なし
せき : なし
頭・関節・筋肉痛 : あり (特に、頭痛・関節痛の痛みが強い)
寒気 : 強い(特に、かかり始め)



うーん、なんともインフルエンザと判断しづらい微妙な症状ですね。
まぁ本当に嫌な3日間であったことは間違いないです。
そんな3日間で意識朦朧としている中で、大げさにも色々と考えることが頭を巡り、明日からやってやろうという気持ちになったので、それを忘れないようにしたい。



① 時間には限りがある

風邪にひいて、この3日間、人生の中でも一番つらかった病気だなとかかりながら思っていました。
寒いし、関節の節々が痛いし、寝ようとしても寝ることもできないし、大袈裟かもしれませんが死にたくないなと思いました。そのように思う中、あれもできてないし、これもやりきれていないし、今、死んだら未練タラタラだなと普通に感じていました。その思うと、本当にいつなんどき死ぬかも知れないし、今、このブログを書いて決心しても明日何かあれば、人生はぷつっと終わってしまうから"今”と
いう時間を意識しないと後悔してしまう。いや、本当に。


② 一人では生きることはできない

この3日間は、嫁に感謝です。楽しみにしていた外出もできず、さらには病人でなっている人間の看病で、自分も同じ症状にかかってしまうというリスクも負いながら看病してくれる心には本当に感謝の気持ちで一杯です。幼少児は両親、今は、嫁。将来は自分が子供をと考えると、自分自身で何でもできるということは、間違った考えだと改めて感じました。そのようなことは、今まで思っていませんが、改めて絶対にそのように思わないようにしようと感じました。仕事も含め。


③ 自分がやりたいと心で感じることをやる

これは、①と近いですが、今、自分が取り組んでいることが本当にやりたいことなのかを再度問いかける時間になりました。実際、心の底から自分のやりたい事をできている人は、多くはないかもしれません。しかし、少しでも自分の思いにつながっていることができているのかは、重要です。①のように、いつなんどき何が起こるかわかりません。だからこそ、少しでも自分の思いを馳せられることや人生を注ぐことができることに時間を使っていくように意識していきたい。



④ 言い訳をしない

正直なところ、何かしら言い訳を作って今出来る事を明日に延ばすことなどがあります。言い訳することは、簡単で、楽です。人間ですから、そうしたいと思いがちです(僕だけかも知れませんが。www)けれど、そうしていると、今回のように何かが起きたときに、"自分が後回しにしていたんじゃん"と言われたら、言い訳のしようがないです。それは、自分が原因ですから。そうならないために、本当に目指す方向に向かって言い訳せずに向かい続け、実現できるように取り組んでいきたいと思います。

五月雨で、拙い文章ですが、やっと動き出した体と頭で思うがままに書くことで、整理され、自分の思いを書けそうなのでエントリーしました。
時期が経って、"なんだこれ?"と思わないように、今回の経験を機に、しっかりと生きていきたい。

さて、今日からやるぜ!